槇原敬之のパートナー?奥村秀一との深い関係とは?出会い~現在まで

2020/02/14

シンガーソングライターとして人気のマッキーこと槇原敬之さんが覚せい剤取締法違反で逮捕されました。

 

報道によると、2年前の薬物所持疑惑についての逮捕ということでしたが、気になるのは槇原さんの”彼氏”です。

ここでは、槇原敬之さんと奥村秀一さんの出会いから、現在の関係まで時系列で紹介していきます。

 

【関連記事】

槇原敬之の歯がボロボロなのは薬物が原因?治療しなかったのもバレるから?
槇原敬之が所持していた危険ドラッグがヤバい!ゲイ活のための薬物だった?

 

スポンサーリンク

槇原敬之のパートナー・奥村秀一との出会いは?

槇原敬之さんが薬物で1度目の逮捕を受けた1999年から奥村秀一さんとは特別な関係にありました。

当時、奥村秀一さんは槇原さんと一緒に逮捕されたことで、2人は同棲しており、恋人関係にあることが報じられたんです。

 

奥村は、以前、歌舞伎町のニューハーフクラブで働いていた。

文春オンラインより

どうやら奥村秀一さんは、もっぱらのゲイだったようです。

ニューハーフクラブで働いていたころには桃山金太郎や遠山金太郎の源氏名を名乗っていたそう。

性転換もしておらず、見た目は完全に男性で、がっちり・むっちり・ぽっちゃり系だったとのこと。

 

文春オンラインによると、恋人関係になる前の奥村秀一さんは槇原さんの追っかけだったそうですが、槇原さんにとっても金ちゃん(金太郎)は好みのタイプだったようです。

ここでの出会いから徐々に深い関係が始まっていったんですね。

 

ニューハーフクラブでの元同僚だという方がこう話しています。

20歳ぐらいの時、本物のマッキーと知り合い、『ピアスをもらったの』と、嬉しそうに見せびらかしてた。

本格的に付き合いだしたのは、2年ほど前に、ここをやめてからだと思うけど

文春オンラインより

1999年の記事を再編集したものなので、ここでいう2年前は1997年となります。

正確な交際開始時期は明らかになっていないですが、かなり古くから深い関係にあったことは分かります。

スポンサーリンク

【1999年】槇原敬之と奥村秀一が同棲先で逮捕!

1999年8月26日、槇原さんと奥村さんが現行犯にて覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されました。

この時は”友人”とされていましたが、すぐに同棲していたことが明らかになりました。

これがきっかけで、槇原敬之さんはゲイであることが囁かれることになります。

 

そして、後に槇原さん自身の言葉で、自らが同性愛者であることが公にされました。

【2000年】逮捕後、絶縁宣言するもすぐに同棲再開

槇原敬之さんが覚せい剤で逮捕された当時は今ほど厳しい社会ではなかったのか、すぐに歌手として復帰を果たします。

 

覚せい剤取締法違反については懲役1年6カ月、執行猶予3年の判決が下されたものの、保釈金300万円を支払い釈放されました。

その後、約1年の謹慎期間を経て2000年11月にアルバム『太陽』をリリースし復帰。

 

そのまま少しずつ薬物のイメージを払拭していくかと思いきや…

当時の報道によると、槇原は公判で「(奥村被告と)もう連絡をとらないし、会うこともない」と言ったが、00年にはまた同棲をスタート。

exciteニュースより

 

まさかの奥村秀一さんとの同棲を再開させました。 

そして2006年には奥村さんが槇原敬之さんの個人事務所社長に就任したことで、2人の関係はより強固なものになったと思われます。

【2000~2012年】デートの目撃証言・同性愛ソングの発表

その後の2人には逮捕前と同じ安定した生活が訪れたことでしょう。

その証拠に、2人で過ごしている様子を周囲の住人が目撃しており、いくつかエピソードがありました。

 

槇原敬之・奥村秀一のデート現場目撃証言

  • 毎日お昼頃、5~6匹のフレンチブルドッグを散歩していた。犬のフンをきちんと拾って、楽しそうに話していた。
  • 行きつけのオープンテラスカフェでランチしていた。長年連れ添った夫婦のような落ち着いた雰囲気があった。
  • 手をつないで表参道のブティックで買い物をしていた。「アレ素敵じゃない?」「コレ絶対似合うよね~」と本当に楽しそうだった。
  • ハワイの高級ホテルで周囲の目を気にせずじゃれ合っていた。見ているほうが恥ずかしくなるほどの光景だった。

 

堂々としている同性愛カップルなんて当時は珍しかったでしょうから、かなり目立ったと思います。

絶縁しようにもできないような関係だったので、2人は相当仲睦まじかったんでしょうね。

 

同性愛カミングアウトソング?『軒下のモンスター』発表

2012年に発表された『軒下のモンスター』という曲は、同性愛カミングアウトソングだと言われています。

 

槇原さん自身が公言したわけではないですが、歌詞には

「その時ずっと解けずにいた謎の答えが分かった。好きになる相手がみんなと僕は違うんだと」

「普通に結婚して子どもを何人か授かって、それ以外は幸せとは誰も信じないようなこんな街で」

という言葉が盛り込まれており、これが槇原さんの恋愛観が一般的ではないというカミングアウトだとされているんですね。

スポンサーリンク

【2018年】奥村秀一が覚せい剤所持で2度目の逮捕

2018年になると、奥村秀一さんの行動に対して周囲が薬物を再使用しているのではないかと不信感を持ち始めます。

そして3月12日に奥村さんは槇原さんの個人事務所の社長を解任されます。

 

この4日後に奥村秀一さんは覚せい剤所持で逮捕されました。

この時の検察は、少なくとも2013年から薬物を再使用していたことを指摘していて、奥村さん自身も認めています。

 

ここで不自然なのは、同棲もしていて、2013年から奥村さんが薬物の再使用していたことを認めていたのに槇原敬之さんはこの時逮捕されなかったということ。

この時に槇原さんが逮捕されなかった理由は、本人が否定したことと、証拠がなかったためだとされていますが、捜査当局には徹底的にマークされるきっかけになったでしょうね。

証拠さえ握れば即逮捕という状況にあったと思われます。

 

そして2020年2月13日、槇原敬之さんは2年前に覚せい剤を所持していたことが間違いないとして逮捕されました。

現状では槇原さん自身、認否は明らかにしていません。

しかしパートナーと同棲していた部屋の、自分の部屋から見つかったものを槇原さんが使ってないとは思えないですね。

 

今後どういった判決が出るのか気になりますが、続報が分かり次第追記します。

スポンサーリンク

Copyright© Daydream Away , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.