槇原敬之が所持していた危険ドラッグがヤバい!ゲイ活のための薬物だった?

2020/02/13

人気歌手の槇原敬之さんが覚せい剤所持の疑いで逮捕されました。

1999年にも覚せい剤所持によって逮捕されていたため、今回で2度目の逮捕となります。

 

人気アーティイストだけにショックを隠せない人が多い様ですが、今回所持疑惑がかかっているのは覚せい剤0.083グラムと危険ドラッグに指定されている「RUSH」と報じられています。

この危険ドラッグRUSHの用途がショッキングなものだったので紹介します。

槇原敬之の歯がボロボロなのは薬物が原因?治療しなかったのもバレるから?

槇原敬之さんが薬物所持の疑いで逮捕されました。 所持していたとされるのは覚せい剤0.083グラムと危険ドラッグのRUSHの2種類です。   薬物による2度目の逮捕となったわけですが、実はこれまでもTV ...

槇原敬之のパートナー?奥村秀一との深い関係とは?出会い~現在まで

シンガーソングライターとして人気のマッキーこと槇原敬之さんが覚せい剤取締法違反で逮捕されました。   報道によると、2年前の薬物所持疑惑についての逮捕ということでしたが、気になるのは槇原さんの”彼氏” ...

スポンサーリンク

槇原敬之が覚せい剤疑惑で逮捕!

歌手の槇原敬之さんが2018年に覚せい剤0.083グラムと危険ドラッグ「RUSH」を所持していたという疑いで逮捕されました。

2020年で歌手生活30周年を迎えたばかりだったため、突然の逮捕にファンも驚きを隠せない様子です。

槇原敬之は再犯。1999年にも覚せい剤とMDMAで逮捕歴あり

槇原敬之さんは1999年8月26日に自宅に覚せい剤を隠し持っていたとして逮捕されています。

また、同年9月3日にはMDMAも発見されるなど、薬物にどっぷり染まっていたことが明らかになりました。

 

当時は懲役1年6か月、執行猶予3年の判決が下り、300万円の保釈金を払ったのち、2000年11月には復帰をしています。

が、この度20年ぶりの薬物疑惑による逮捕となりました。

 

どうやら薬物の魅力から逃れることはできなかったようです。

スポンサーリンク

槇原敬之が所持?危険ドラッグRUSHはゲイ御用達のクスリで有名!

今回、槇原敬之さんの自宅で見つかった薬物は覚せい剤と危険ドラッグに指定されている「RUSH」という薬物でした。

調べてみたところ、実はこの「RUSH」は男性の同性愛者に愛好されているドラッグだとわかりました。

 

危険ドラッグ「RUSH」とは?

もともと興奮や快感を高めるために使用する目的で、日本でも20年前では普通に一部店舗で購入できたものだったそう。

 

狭心症などの治療に用いられる成分が含まれており、心臓がバクバクして立ちくらみのようになり快感が倍増するということで、当時から主に同性愛者の男性の間では根強い人気を誇っていたといいます。

 

2007年に指定薬物となり、2014年には所持・使用が禁止。

そして2015年には輸入も禁止されるようになりましたが、NHKのプロデューサーアナウンサー、慶大病院の医師などが所持・密輸などで逮捕されています。

 

槇原敬之がRUSHを所持していたのもゲイ活動のため?

槇原さんが実際にどのような目的で所持していたのか(そもそも本当に所持していたのか)分かりませんが、少なくともRUSHがラブドラッグとして使われるものというのは確かです。

 

仮に本当に所持していたとして、なぜ槇原さんがそんなものを所持していたのか。

ファンの間ではすでに周知の事実ですが、実は1999年に逮捕されたときに槇原さんが同性愛者であることが判明していました。

 

となるとやはりそういう目的で使っていたのかと想像してしまいますよね。

RUSHというドラッグを知っている人にとっては、やはりこういうのはネタにされてしまいます。

 

1999年の逮捕時に一緒に逮捕された同性愛のパートナー・奥村秀一さんとは、2018年に奥村さんが再逮捕されるまでは関係が継続していたようなので、恐らく今回の薬物も彼と使用したものだと思われます。

 

事前に槇原さんが薬物逮捕されることをキャッチしていた東スポでは、槇原さんがSM好きだったことも報じていました。

長年のパートナーだったようなので、槇原さんはなかなかハードなプレイをしていたんですね。

スポンサーリンク

Copyright© Daydream Away , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.