【るろ剣】新田真剣祐の雪代縁は原作そっくり?白髪姿のビジュアルがイケメン!

2019/04/12

アニメ実写化映画の中でもダントツの人気を誇る『るろうに剣心』の新作が2020年夏に公開されます。

主人公・緋村剣心の十字傷の謎に迫る『追憶編』

そして剣心の元妻でもある雪代巴ゆきしろ ともえを剣心に殺されたことで復讐に燃える義理の弟、雪代えにしとの戦いを描く人誅じんちゅう(編)』の二部構成。

 

この物語の最重要人物であり、今作の敵となる雪代縁を務めるのが、人気俳優の新田真剣佑さん。

そのビジュアルも公開され、映画への期待も高まる一方なんですが、その真剣祐さんが演じる雪代縁がイメージにピッタリなんです。

ということでどのくらい似てるのかに加え、雪代縁がどんな人物なのかを紹介していきます。

スポンサーリンク

『るろうに剣心』最終章、雪代縁役に新田真剣祐!

『るろうに剣心』の実写映画の最新作が2020年夏に2部作公開

佐藤健さんが主人公・緋村剣心役を務める人気実写映画のシリーズ最終章になります。

 

今作で主人公・剣心の宿敵となる雪代縁を演じるのが人気俳優の新田真剣祐さん。

 

そしてこちらが原作の雪代縁です。

『るろうに剣心』19巻表紙より

原作のほうがアゴがほっそりしていますが、特徴的な白髪とサングラスは原作のまま再現されているのが分かります。

個人的にはアニメの雪代縁のほうが、真剣祐さん演じる縁に似ていると思います。

アニメ版『るろうに剣心』より

原作だとツンツン頭ですが、アニメ版は天然パーマっぽくなっているので、今回の実写映画版の雪代縁はコチラに寄せているかもしれませんね。

スポンサーリンク

『るろうに剣心』原作における雪代縁とは?(微ネタバレあり)

最終章で緋村剣心の宿敵となる雪代縁は、原作では中国の裏社会を牛耳る武器商人として描かれています。

その設定を裏付けるように、前章で剣心と戦った志々雄真実に大型鋼鉄艦・煉獄を売っていたことを明かし、陰ながら剣心への復讐を果たそうともしていました。

『るろうに剣心 伝説の最後編』(2014)

 

そして雪代縁は緋村剣心の元妻である雪代巴の弟にあたる存在。剣心にとっては義理の弟です。

雪代巴は剣心の妻でしたが”人斬り抜刀斎”時代の剣心が自身の手で殺害してしまいます。(おそらく追憶編で描かれるかと)

剣心の元妻であり、雪代縁の姉である雪代巴(ともえ)

 

”人斬り抜刀斎”時代の剣心は殺した相手に”天誅”(天に代わって罰を与えること)と書かれた紙を置いていました。

巴は天誅の対象ではなかったですが、剣心はこれをきっかけに人斬りを辞め、”るろうに”となります。

 

一方、姉を殺されたことで復讐に燃える少年時代の雪代縁は、上海へ単身で渡り、地獄のような日々を送りながら大人になるころには上海の裏社会のトップに登り詰めました。

そして数多くの兵器や、艦隊などを意のままに使えるようになったことで、剣心に対して天誅ならぬ”人誅(天が罰さないなら自分が罰する)と復讐を開始していきます。(おそらくここが人誅編)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新田真剣祐が雪代縁のイメージに合いすぎな理由は体格と経歴?

新田真剣祐さんが雪代縁の役を演じることになったのは彼の体格や経歴が理由だと思われます。

 

るろうに剣心の実写映画の監督である大友啓史さんは真剣祐さんと初対面したときのことをこう語っています。

「真直ぐな眼差しの強さに惹かれ、すぐに彼以外考えられないとプロデューサーに話したことを鮮烈に覚えています。

映画ナタリーより引用

原作の雪代縁と新田真剣祐さんは、体格も似ていることや海外生活が長かったという点でもそっくりなんです。

そのため、まさに監督のイメージともピッタリだったんだと思われます。

 

原作の雪代縁は24歳で身長175cm、上海での苦しい日々を耐え抜くために鍛え上げられた肉体を持ち、上海生活が長かったため日本語は訛っています。

一方で新田真剣祐さんは22歳で176cm、幼少から空手を習っておりLA空手大会で優勝する実力の持ち主で、特技はスポーツ全般。そして高校卒業まではハリウッドで暮らしていました。

 

監督の狙い通り、ファンにとってもイメージピッタリな雪代縁が完成しましたね。

新田真剣祐はマンガ原作作品に強い!?キャラクターへのなりきりがスゴイ

真剣祐さんはキャラクターになりきって演技するのが上手い俳優だと個人的には思っています。

 

『るろ剣』での雪代縁役もかなり本気で仕上げていると思われるのですが、新田真剣祐の演技が良い意味でヤバいので、過去の出演作品での演技を次に紹介していきます。

実写版『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』虹村億泰にじむら おくやす

実写版『ジョジョの奇妙な冒険』で虹村
億泰になりきる新田真剣祐

実写版ジョジョ自体、各キャラクターの作りこみがかなり凝っていますが、名乗らないと誰が億泰役をやっているのかわからないようなガチっぷりを披露してくれました。

髪型もすべて地毛で、ロケ地であるスペインでは億泰の役作りのためにオフでも関係なく億泰を演じていたそう。

るろ剣の雪代縁はかなりストイックな生活を送ってきた人物なので、真剣祐さんも日常生活から縁になりきっていたと思われます。

新田真剣祐の実力②: 映画『ちはやふる』でも原作そっくりに演じた

映画『ちはやふる』で綿谷新(わたや あらた)役を演じた新田真剣祐

原作コミックが累計発行2000万部を突破した『ちはやふる』シリーズの実写化映画にも、主人公の憧れの存在である綿谷新わたや あらた役として出演しています。

新田真剣祐さんは高校卒業までアメリカに住んでおり、『ちはやふる』の醍醐味であるかるたに触れてこなかったため猛特訓を行ったそう。

かるた協会に行き、そこの会員の方たちとの対戦を通じて、「共演者の中でかるたをやったら僕が1番強いと思います」と自信満々に答えるほど取り組んだようです。

また、作品の舞台である福井県の方言もこの特訓中に練習していたようで、自分が演じる綿谷新という人物がどのように過ごしてきたのかを考えながら役作りを行ったとのこと。

 

ちなみに、実は新田真剣祐さんにとっては『ちはやふる』は最も思い入れが強い作品で、芸名の「新田」はこのとき演じた綿谷新からとったものだそう。

この映画を機に様々な映画やドラマに出演するようになり、マンガが原作であるテレビドラマ『僕たちがやりました』などにも出演しています。

 

このように、新田真剣祐さんはマンガが原作の作品での役作りにかなり力を入れるタイプのようで、『るろうに剣心 最終章』はかなり期待できそうです。

スポンサーリンク

Copyright© Daydream Away , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.