清野菜名がバク転などのアクションが得意な理由は?実はダンスは苦手?

2020/01/12

清野菜名さんといえば女優でありながら、華麗に難しいアクションもこなすことで人気上昇中ですよね。

そんな清野奈々さんは昔から運動神経抜群だったようですが、バク転・バク宙なども簡単にできてしまうほどアクションを極めたのには理由があったようです。

 

ここでは、清野菜名さんがアクション女優と言われるまでにアクロバットなどを極めた理由と、実際の清野菜名さんのアクション動画を紹介します。

また、運動神経抜群なのに実はダンスが苦手ということも判明したので、それについても紹介していきます。

スポンサーリンク

清野菜名の運動神経がバツグンな理由は?

演技の上手い女優さんはたくさんいますが、清野菜名さんは女優でありながらもハリウッドばりのアクションもこなしてしまうアクション女優として唯一無二の存在になりました。

そんな清野菜名さんにはアクション女優になるまでに、いくつかのきっかけがありました。

 

運動神経の良さは母親からの遺伝?

小さいころから外遊びが基本だったという清野菜名さん。

中学時代にはバスケ部に所属していましたが、その運動神経の良さを見込まれて陸上部としても活躍していました。

 

中でも走り高跳びでは愛知県の強化選手に選ばれ、全国大会にまで出場するほどの実力だったようです。

そのころの清野菜名さんは陸上競技に関してはまったくの未経験ながらも、特に指導も受けずに見よう見まねでやったら全国出場してしまったとのことで、元からの運動神経がかなり優れていたことが分かります。

 

その運動神経の良さは実は母親から来ていると思われます。

上のプリクラが学生時代の清野菜名さんとお母さん。

 

清野菜名さんのお母さんは、過去に全日本代表の候補になるほどのバレーボール選手だったそう。

しかも菜名さんが中学生の時には、菜名さんが全力疾走したとしても追い付かれてしまうほどお母さんは足も速かったそうですよ。

 

母ゆずりの運動神経の良さをもっていた清野菜名さんの1番好きな科目はもちろん体育だそうで、高校進学の際にはスポーツ推薦枠で声がかかっていたとのこと。

 

しかし当時の清野菜名さんはすでに芸能事務所に所属していたので、芸能活動の幅を広げるために日本芸術高等学園に進学しました。

スポンサーリンク

高校から習い事としてアクション養成所に通っていた!

運動神経バツグンな清野菜名さんは女優になるために高校生の頃に上京。

初めからそんなにうまくいくわけもなく、当時は挫折して女優の夢を諦めかけたとか。

 

そんな時に出会った映画『バイオハザード』清野菜名さんが現在アクション女優として活躍するに至る最大のきっかけでした。

主演のミラ・ジョヴォヴィッチがゾンビ犬に追い詰められた時に繰り出した、壁を使っての華麗な蹴り技。 (動画2:15~2:30までのシーン)

これを見た清野菜名さんは「ヤバ!私もやりたい!」と感じたそう。

 

それから事務所の紹介もあって、すぐに坂口拓さんのアクション養成所に通い始めました。

その頃のものと思われる逆立ち画像がコチラ。「コツを掴んできている」とコメントも残していました。

始めたころはこういった基礎から練習して、現在でもアクロバットを習いにいくなどしてどんどん新しいアクションにも挑戦しているみたいです。

 

なのでバク転はもちろんバタフライツイストなんていう高難度のアクションもできるまでに成長しています!

俳優でもこういった技ができる方は少ないんじゃないでしょうか。

それを軽々とやってのける清野菜名さんはやはり天性の運動神経の持ち主ですね!

 

ちなみに清野菜名さんの将来の夢はハリウッド進出

「ミラの姿に影響を受けてアクションを始めたので、ハリウッドに進出した際にはミラと共演して同じ仲間として戦う役どころのアクション映画を撮りたいです。もちろん監督はポール・W・S・アンダーソンで」

cinema cafe.netより引用

アクションの実力はもうおそらくミラ・ジョヴォヴィッチ級っだと思うので、アクション女優として日本で活躍したのちにはぜひハリウッド映画で活躍する清野菜名さんが見たいですね!

スポンサーリンク

清野菜名の華麗なアクション・アクロバット動画まとめ

では清野菜名さんのアクロバット動画をまとめていきます。

 

コチラは話題になったアクエリアスのCMのメイキングですが、完璧なアクロバットを披露していますね。

普段のアクロバットの練習風景がインスタにいくつか投稿されていますが、どれも一般の人にはできないような技ですよね!

 

華麗なアクロバットの数々に驚きしかないですが、清野菜名さんはもちろんスポーツ万能です。

お母さん譲りの身体能力は様々なアクティビティで活かされています!

 

スポーツだけじゃなくてドラムもお手のもので、他にもギターやベースを演奏している動画がインスタでみれます。

ジャスティン・ビーバーには高校生の頃にハマって今でも好きみたいですね!

 

横浜流星さんとのW主演ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う』でのアクションも圧巻です!

日々のアクロバットの練習やトレーニングで、清野菜名さんは圧倒的なアクション女優としての立場を確立していますね。

こんな動きができる女優は清野菜名さんだけなのではないでしょうか!

本当にハリウッドのアクション映画にも出れるんじゃないかってくらいカッコいいです!

スポンサーリンク

ウソでしょ!?清野菜名が実はダンスが苦手?

運動神経バツグンで女優としてはあり得ないくらいの身体能力の高さをみせてくれる清野菜名さんですが、実はダンスは苦手だというんです。

上のアクロバット動画を見てしまったら、そんなワケ無いでしょ!と思ってしまいますよね!

しかし人材支援サービス「看護のお仕事」のCMメイキング動画で「難しかったです、私あの、ダンス…ちょっと…苦手なので」と語っています。(動画1:38~)

もちろん、それでも運動神経は良いのでCMでは完璧に踊っていますね。

ドラマ『今日から俺は!!』でも橋本環奈さんと一緒にダンスをしています。

普段から様々なアクションに挑戦しているので、ダンスも振付さえ教わればきっと飲み込みが早くてすぐにできてしまいそうですよね。

 

ただやはり中学時代の走り高跳びのように見よう見まねで、というわけにはいかないですね(笑)

インスタにアクロバットの動画はよく投稿されていますが、ダンス動画は投稿されていないのは、やはり少し苦手だからなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

Copyright© Daydream Away , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.